有田焼の下絵付け

ウォーキングと家事の毎日。少し飽きてきたので、今日は母の勧めで有田焼の下絵付けにチャレンジ。母が有田焼の先生に習っていることもあり、それを見て以前からやってみたいと思っていました。今後はゆっくりこんなこと出来ないので、早速スタート。素焼きのお皿が2枚あったので、自宅で旦那さんと使う用に作ってみました。p10008041

まず骨董の器の本などから好きな絵柄をいくつか見つけて、それを素焼きのお皿に下書きします。次に筆に呉須をつけてなぞっていきます。お皿はざらざらしているので、思ったより難しい。線描きが終わったら、濃淡をつけながら太目の筆で色を入れます。 p10008071

丸一日かかってようやく1枚目の表だけ完成。こんな感じです。→

p10008081裏にも少し模様を入れて出来上がり。その後は有田に送って、釉薬をかけ窯で焼いてもらいます。焼きあがると一回り小さくなって、左の写真のように青い色の綺麗な器になるのです( これは母の作品)。

どんな焼き上がりになるか分かりませんが、せっかくなら5枚セットにしたいので、有田の先生にもう3枚素焼きのお皿を作ってもらうように母に頼みました。思った以上に楽しいので、明日も頑張ろう!

| | コメント (4)

レッスンも産休

ここ1ヶ月、毎週月曜日はカービングのレッスンに出かけていましたが、出産前のレッスンは今日で終了。

p10006881 今日のフルーツカービングはスイカ。ちょうどスイカの時期も終わりなので、しばらく彫れないことを考えると最後にふさわしい材料でした。

先生のおうちは旦那さんの会社の近くなので、帰りは旦那さんをひろって一緒に帰ることに。数日前から焼鳥が食べたいと思っていた私。旦那さんにお願いして今日の食事は焼鳥に決定。お腹の空いていた私たちは、ひとり10串以上をあっさり平らげました。

28週から31週までの食べすぎは胎児の肥満につながるので、あまりたくさん食べてはいけないらしいのですが、美味しいものはなかなか我慢できません。。32週まであと1週間。はやく来週にならないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分に向いていない?!

最近楽しくてしかたないのがカービング。「どうせやるなら徹底的にやってやろうじゃない。」もともと凝り性な私は、マダムの暇つぶしお稽古のはずのカービングを、いつしかそんなふうに考えるようになってしまいました。

凝り性はともかく、結構失敗を悔やんで嘆くネガティブなところもあるので、深く入れすぎたナイフの傷や、モチーフの一つ一つのバランスの悪さなど細かいことが気になって、途中で一から作り直したくなること、しばしば。

でも実際は全部を彫り終わって、全体のバランスが取れていれば小さな傷など全然目立たないし、むしろそれが味になることもあるのです。最近になってようやくその事が分かってきました。

初めのうちは、細かい作業の繰り返しなだけに、カービングに求められることは、「手先の器用さ」と「根気」だと思っていました。でも、どうやらそれだけではなさそう。タイ人の持つ「どうにかなるさ、まぁいいか」的なのんびりした気質も、実は続けていく上で結構大事なことなのではないかと思うのです。

これからは細かい部分に気を取られずに、失敗してもなんとかなるわ。というゆったりとした気持ちで取り組もうと思います。なんと言っても「南国タイの伝統工芸」であり、それを「楽しい趣味」としてやっているのですからね。292029531300853561

というわけで、今日の作品。白いお花はカブでできています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カービング

p10006131 今日は久しぶりのお稽古で、スイカを彫りました。しばらくナイフを持っていなかったので勘を取り戻すのに少し時間がかかりましたが、なんとか完成。

習い始めた頃は、早くこのスイカを彫りたくて頑張っていたので、今日初めてスイカを彫ることが出来て感激!今度お客さんが来る時に彫ってみようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カービング

去年の秋から、タイの伝統工芸のカービングを習っています。カービングとはフルーツや野菜をナイフで飾り彫りするもので、同じように石鹸を彫るソープカービングもあります。

細かい手作業は結構好きなほうなので、自分にぴったりの趣味だと思ってハマっています。まだまだ上手くありませんが。。 p10003652

今日はかぼちゃを彫りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファブリックパネル作成

先日近くの生地屋さんで、北欧ファブリックのはぎれが売っていたので、5枚ほど購入。ちょうどファブリックパネルを作りたいと思っていたところだったので。

小さいサイズのパネルを作るのには、こんなはぎれで充分!45×45センチで\500~でした。

早速ホームセンターに木枠になる木材を探しに。。前回作成した時は、大きなサイズだったので、きちんと木枠を作ったのです。でも、今回は布が小さいので、ちょうど収まりそうなサイズのコルクボードと正方形の発砲スチロールのようなもの(もうちょっとしっかりしている堅いもの)を購入。 ちゃんと白い布を重ねて、コルクが透けないようにして、あとはタッカーで留めていくだけ。022139461 022141311  

簡単♪上手に出来たので今日遊びに行ったお友達にひとつプレゼントしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)